1型糖尿病 30代の妊娠&育児奮闘記!

20才で一型糖尿病が発覚し、今10年目に突入した32才の妊娠&育児奮闘記。妊娠が発覚してからインスリンポンプとCGMの導入を開始しました。少しでも、一型糖尿病の方やご家族と情報や気持ちを共有できればと思っています。

復職前さいごの検査

こんにちは。みおです。

 

先日、主治医より甲状腺の検査をした方がいいというアドバイスの元、してきました。

 

結果、異常なし!!

 

復職前に何か異常が見つかったら嫌だな…と思っていましたが、特には何もなく安心しました。

 

 

最後の検査結果を聞いて、主治医とは最後のご挨拶を。

 

1型糖尿病を幼い頃から患っていた方は、ライフステージの変化に伴って病院が変わったり、主治医が変わることもあると思います。

私も就職や転居、転職、妊娠といったライフイベントとともに病院や主治医が変わりました。

 

今回、妊娠を機に今のM先生と出会えたことは病気に対する考え方、治療との向き合い方を変える大きなきっかけとなりました。

 

単純に考えたら、1型糖尿病は毎日、同じタイミングで血糖測定をして、

毎食炭水化物量を計算して、

インスリン効果値を鑑みてインスリンを打ち、

コントロールするだけ。

 

それができれば大きな問題ではない、

M先生はそう言ってくれました。

 

それが毎日、毎食、これからずっと続くと考えると途方もなく感じられる。

考えなくて済むならどれだけ楽か。

そう思うこともたくさんありました。

 

それでも今の自分は変えようがなく、

それならばどうやって生きやすくするか。

妊娠から今までの2年近い時間をかけて、M先生は私に納得させてくれました。

 

私は病気があっても自分のやりたい仕事がしたいし、

子どもと一緒に成長していきたいし、

ずっと家族と楽しく生きていきたい。

 

だから血糖測定を始めとする様々なことを、毎日の単純なルーティンに組み込むことにしました。

慣れてくれば自動化できる。

おかげで今は血糖コントロールも割と安定してると思います。

 

今後、もっともっと大変な問題にぶつかっていくでしょう。

それでも毎日のことを欠かさず、生活していきたいと思います。