1型糖尿病 30代の妊娠&育児奮闘記!

20才で一型糖尿病が発覚し、今10年目に突入した32才の妊娠&育児奮闘記。妊娠が発覚してからインスリンポンプとCGMの導入を開始しました。少しでも、一型糖尿病の方やご家族と情報や気持ちを共有できればと思っています。

復職が決まりました!

こんにちは。みおです。

 

あっという間に日々が過ぎ、新年の挨拶もままならず2月も下旬になってしまいました!

毎日寒い日が続きますね。

 

この度、四月からの保育園が決まり

復職することが正式に決まりました〜!

 

認可保育園の選考はかなり厳しいと噂されていたので、希望の園に預けることが決まってとても嬉しいです。

保活頑張ってよかったなぁ…。

 

今は残りわずかの育休で、こどもとゆっくり過ごせる時間を大切にしたいと思っています。

 

私は復職により生活が一変しますし、

こどもも保育園に通うようになると集団生活になるので、また新たな刺激を受けつつ頑張ってくれるのではないかな〜と思います。

 

私自身は一年半近くお休みをいただいていたので

社会復帰すること自体に不安…

 

毎朝決まった時間に起きて、準備して、

通勤電車に揺られることも不安…

仕事もすっかり頭から抜けていますし、

会社のパソコンのパスワードすら覚えていません…笑

 

そして、先日今年初の通院に行ってきました。

Hba1cは6.8。

妊娠前に比べたら優秀です。

 

実は2月に入って急に2キロほど太りまして…

ストレスによる過食のせいなのですが笑

そのため、インスリン量も増えました。トレシーバを朝晩1単位ずつ。

 

それも主治医に伝えたところ、全体の血糖値自体は安定してるのでいいよーとのこと。

患者にインスリンの増減のコントロールを任せてくれる先生でよかったです。

 

復職についても前向きに話をしてくれ、

ただストレスや体力は前のようにはいかないので注意するように言われました。

 

そして追加で甲状腺の検査を追加されました。

結果は明日の午後にまた聞きに行くので、また改めて書きますね!