1型糖尿病 30代の妊娠&育児奮闘記!

20才で一型糖尿病が発覚し、今10年目に突入した30才の妊娠&育児奮闘記。妊娠が発覚してからインスリンポンプとCGMの導入を開始しました。少しでも、一型糖尿病の方やご家族と情報や気持ちを共有できればと思っています。

通院&赤ちゃん連れ海外旅行!

こんばんは。みおです。

 

お盆前、8月の通院に行ってきました。

いつも通り、血液検査、看護師さんとの面談後、M先生の診察。

今回のHbA1Cは6.8で先月と変わりませんでした。

 

先月、二人目の出産はどうする問題を先生と話したので、今回看護師さんとの面談では

一ヶ月の食生活や子供が卒乳してしまったことを相談しつつ、

今後の復職や妊娠についても雑談のような形で話しました。

 

卒乳についてですが…7月頭頃から母乳を咥えることを完全に拒否するようになってしまったのです。。。

離乳食が大好きで、始めた直後からミルクを飲むこと自体を嫌がるようになったのですが

胸が張るので搾乳はしつつ、哺乳瓶であげています。

 

しかし搾乳機では母乳の出が悪くなるのは事実。

そのお蔭か低血糖はほとんどなくなりました。

 

そして復職はいつにするか、今後の妊娠はどうするか…

ここは看護師さんは独身のお若い方なので、あまり話は盛り上がりませんでした笑

 

そして先生の診察。

特段問題なさそうね〜と言われ、

自分でトレサーバ打つ量増やしました〜って言ったら

いいよいいよーと軽い返し。

 

翌週、家族で台湾へ旅行に行く予定にしてますと話したら、

英語での診断書を書いてくれました。M先生親切!

 

1型糖尿病になってから海外には度々旅行や仕事で行っているのですが、

診断書をきちんと持参して行くのは初めてでした。笑

 

1型糖尿病の方、海外旅行に行く時は必ずホテル近くの病院の場所を調べて行きましょうね!

 

赤ちゃん連れの海外旅行については

また次回、改めて書きたいと思います!

(需要があるかはわかりませんが…笑)

 

それではやっていきましょう!