1型糖尿病 30代の妊娠&育児奮闘記!

20才で一型糖尿病が発覚し、今10年目に突入した30才の妊娠&育児奮闘記。妊娠が発覚してからインスリンポンプとCGMの導入を開始しました。少しでも、一型糖尿病の方やご家族と情報や気持ちを共有できればと思っています。

産後7ヶ月、そして二人目検討について

こんにちは。みおです。

 

先日、病院へ行ってきました。

そこで、子供を二人目どうするか?という話が出ましたが長くなってしまったので、

今回はその話を二回に分けて書こうと思います。

 

 

前回の診察から低血糖症状を減らしていくことを目標に1ヶ月過ごし、

レベミル、アピドラともに注入単位数も自分で調整しています。

 

ちなみに今の単位数は下記の通りです。

レベミル 朝9.5単位、夜10単位

ノボラピッド 朝9、昼8、夜9(ただし血糖値により追加もあり)

 

 

ここ1ヶ月は血糖値60ほどで低血糖症状が出ていました。

集中力の低下、胸騒ぎ。

血糖値が40を切ると、体力の冷や汗が出ます。

3ヶ月ほど前は低血糖症状が40を切るまで一切出ない、無自覚低血糖だったので今のところ順調なのかな?と。

 

そして、今回の血液検査の結果、HbA1cは6.9でした。

出産時が5.8だったので、徐々に上がってきていますが、主治医はそんなもんでいいよ〜と気楽な返事。

 

それよりも今回の診察で突っ込まれたのは第二子の検討についてでした。

 

私と今の主治医(M先生)との付き合いは妊娠発覚後のため、1年2ヶ月ほどになります。

 

 妊娠中から不安を抱えても口に出せない私でしたが、M先生は歯に絹着せぬ物言いをする方で正論をぶつけてくるので、甘さはありませんが心から信頼している先生です。

 

その先生に言われた

「二人目はどうするんだっけ?」

の言葉。

 

私達夫婦は、出産直後は子供は一人でいい、というスタンスでした。

私はもともと子供が好きなわけではなく、

夫は妊娠中の私の様子があまりにも辛そうだったので、二人目欲しいとは言えない、と言ってくれていました。

 

しかし、自分のこどもが7ヶ月を迎え

この子に兄弟がいた方が楽しいかな、

子供2人いる家族も賑やかで楽しそうだな、と

私が思うようになりました。

 

ちょうど病院に行く前日に「私は2人目考えてもいいと思ってる」と夫に話していたところでした。

 

 

しかし、今回の出産で気づいたこと。

 

自分で思ってる以上に、一型糖尿病であることがコンプレックスだということ。

 

そうなんです。

私、実はすごくコンプレックスに感じていたようなんです。

 

妊娠中、お腹の子に何かあれば私のせいだ…とずっと考えていました。

言葉に出さずとも、一回の食事で血糖値が上がることを恐れていました。

 

10年付き合いのある病気のくせに、

他の妊婦さんとは違うんだと思い知らされるたびに、

私の中で黒く濁っている思いがあったんです。

 

それの一つの形が、毎日身につけているインスリンポンプだったこと。

 

それは否定できませんでした。

 

 

M先生に二人目を聞かれた時も、最初に出た言葉はそれでした。

 

「私、一型糖尿病であることが、自分で思ってた以上にコンプレックスだったんです…」

 

先生も少し意外な顔をされていました。

 

そして、その後にまた別の話をしてくれたのです。

 

続きは次回へ。