1型糖尿病 30代の妊娠&育児奮闘記!

20才で一型糖尿病が発覚し、今10年目に突入した30才の妊娠奮闘記です。妊娠が発覚してからインスリンポンプとCGMの導入を開始しました。少しでも、一型糖尿病の方やご家族と情報や気持ちを共有できればと思っています。

育児の間にやることが多い

こんばんは。みおです。

 

完全に愚痴ですが、インスリンポンプをつけながらの育児は

TO DOが多過ぎて涙目になっています。

 

3時間起きの授乳、搾乳、ミルク作りにオムツ替えのほか、

食前の血糖測定、カーボカウント、インスリン量の調整、血糖値の記録、

食後2時間後の血糖測定、追加もしくは補食、血糖値の記録、

センサーやリザーバの交換 などなど…

 

時間ごとのTO DOが多いとこんなにも忙しないのかと

目が回りそうです…

 

赤ちゃんは本当にか弱く、とても可愛い。

既往症があるからこそ

今この時の抱っこが最後かもしれない、

なんて、つい思ってしまいますが…

 

心に余裕を持ちつつ、精一杯毎日を過ごそうと思います。