1型糖尿病 30代の妊娠&育児奮闘記!

20才で一型糖尿病が発覚し、今10年目に突入した30才の妊娠&育児奮闘記。妊娠が発覚してからインスリンポンプとCGMの導入を開始しました。少しでも、一型糖尿病の方やご家族と情報や気持ちを共有できればと思っています。

37週に突入

こんにちは。みおです。

 

今月に入ってから毎週産科に通うようになりした。もう10日もすれば計画出産の予定日です。

 

四月に妊娠が判明して7ヶ月。

私にとっては毎日が戦いの日々でしたが、元気な胎動を感じると嬉しくなるほどにまでは精神が成長してきたようです。

 

しかし、先週から急激な体重増加&血圧の上昇!

 

 血糖値は徐々にインスリンの効きがよくなってきました。

主治医曰く、出産間近になると胎盤の機能が落ちてくるためにインスリンの効きを阻害するホルモンも低下するため…とのこと。

 

私も低血糖になることがちょこちょこ出てきました。

出産中のインスリンポンプの操作や調整も自分で行うことになりそうなので

陣痛で苦しんでいる中、できるのか!?

そんな余裕あるものなのか!?!?

と今からドキドキしています。笑

 

出産後はさらにインスリンの効きがよくなる(妊娠前に戻る)ということで、入院1週間のうちにバランスが取れるといいなぁと思ってます。

 

とはいえ、私は妊娠前はインスリンポンプ自体付けていなかったので、どの程度インスリン減らす〜〜?と

主治医と笑っていました。

結局、今の半分ほどにする予定です。

 

お腹の中の赤ちゃんはいよいよ下がってきていて、

予定日まであと数日、なんとか止まっていてほしいところ。。

 

入院日には夫も里帰りしてくれるので、二人で一緒に病院に行きたいです。

 

頑張ってやっていきましょう!